AKB48G

    no title
    1: 2017/12/10(日) 10:50:16.57
    ◆AKB卒業から5年
    普通は自分が演じる役にこだわるところだが、前田敦子は違う。
    「私は自分で判断しないですね」
    所属事務所のマネジャーに「こういう役があるけれど、やってみる?」と尋ねられる。
    それが映画「探偵はBARにいる3」で演じた“癖のある女子大生”のように「共感できるところがない」役だとしても断らない。

    「やりたくない、ということはないです。マネジャーさんたちいろんな仕事の中から、私がやった方がいいと思うものを選んで薦めてくれる。だから、マネジャーさんたちに感謝してます」
    優等生的な発言にも聞こえるが、前田は元々誰かにお世辞を言うタイプの人間ではない。
    その言葉の底には、これまで所属事務所に薦められた仕事が結果的に女優としての成長につながっているという充足感がある。

    「もうアイドルに戻ることは絶対にないです。自分の経験年齢的に、きついなと思います。この世界に12年間いて、いまだにアイドルというわけにはいきません。でも、欅坂46には入りたい!欅の歌が大好きなんですよ」

    ◆欅坂入りたい!
    そんな発言をすると、どこかで前田と欅坂のコラボ企画が浮上しそうだが…。
    「絶対に出ないから大丈夫です。欅の邪魔はしないです」
    普段、仕事は選ばないものの、その依頼だけは断るようだ。

    これから女優としてどんな方向に進んでいくのだろうか。
    「無理したくないです。私は良くも悪くも童顔で、スッピンだと小学生みたいで自分でもびっくりするんですよ。だから、背伸びはしたくない。変に大人っぽい役をやるのではなく、このくらいの年齢だからこそできる役をやっていきたい」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000087-spnannex-ent
    no title
    女優・前田敦子「もうアイドルには戻らない」…でも欅坂には入りたい (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

    【【欅坂46】前田敦子「アイドルには戻らない。でも欅坂には入りたい」】の続きを読む

    no title

    1: 2017/11/24(金) 12:42:17.25
    新幹線キセル助けた疑い アイドルファン仲間を逮捕

     東京駅の入場券を渡して、新幹線のキセル乗車を手助けしたなどとして、警視庁保安課は24日までに、建造物侵入の疑いで、
    私立大3年山下貴史容疑者(22=東京都東久留米市)を、電子計算機使用詐欺の疑いで、無職山本孝太郎容疑者(35=住所不定)を逮捕した。逮捕は22日。

     保安課によると、2人はそれぞれ、アイドルグループ「HKT48」や声優アイドルグループのイベントなどで知り合ったファン仲間らのキセル乗車を助けるため、
    東京駅構内で入場券を渡す「迎え」と呼ばれる行為を繰り返していた。

    https://www.nikkansports.com/m/general/news/201711240000401_m.html?mode=all

    【HKT48ヲタ、新幹線キセル手助けで逮捕へ。AKBファン数百人のネットワークがある模様。】の続きを読む

    CKanqzGVEAEoJva



    1: 2017/11/11(土) 17:39:18.56 0
    如何か

    制服のマネキン☆
    君の名は希望☆
    他の星から
    気づいたら片想い
    ロマンスのスタート☆
    何度目の青空か
    悲しみの忘れ方☆
    行くあてのない僕たち
    サヨナラの意味☆
    インフルエンサー

    ☆を付けた曲は特に秀逸 
    【【乃木坂46】新規俺、全曲聴き10曲を選出 】の続きを読む

    norokayo



    1: 2017/11/08(水) 00:43:19.68
    BUBKA12月号インタビューより

    ・「欅坂は『ここにでっかいビルを建てるぞー!』っていう、ひとつの目標に向かっているように見える」
    ・「48はみんな『私は温泉を作りたい』『私は納豆工場を作りたい』とかバラバラで、村の一押しを何にしていいのか分からなくなってる」
    ・「欅坂は歌の世界観によってみんなが変わる。ひとつの作品を作り上げてるという感じが素晴らしい」
    ・「欅坂は誰も手を抜いてるメンバーがいない。私の現役時代は『君は真剣にやっているかね!』っていうメンバーがいた。そうなると全体のテンションが均一にならないけど、欅は全員が同じテンションで踊っている」
    ・「てち(平手)はアーティスティックな考え方をするコ。誰かから教えられる前に自分から考えられる。自分の置かれてる状況を理解するのが早い天才肌」
    ・「あっちゃんは自分の置かれてる状況が徐々に分かってきて、受け入れてセンターになっていった人。だけど、てちは違う。選ばれし者なんでしょうね」
    ・「アイドルにハマったのはモーニング娘。さん以来。AKBの時は選抜メンバーが歌番組に出てても、羨ましいという気持ちがあって素直に応援できなかった。この年になって卑屈さも抜けて、すっーと欅坂が入ってきた」
    ・「私がお願いしてラジオで30分欅坂の特集をやったとき、すごい反響があった。自分がただ応援したい、盛り上げたいからやっている充実感があった。これからも定期的にやっていきたい」

    【野呂佳代さん「欅坂は今の48の子たちとは表現する覚悟が違う」】の続きを読む

    このページのトップヘ